ランニング

美肌になる?ランニングの意外な効果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

以前、ランニングの意外な効果として薄毛対策についてまとめてみました。
記事はこちらから

このことから普通思いもしない効果があると知り、他にも調べましたところでてきました。

それは「肌にいい」ということです。

こちらはどちらかというと女性向けになるかもしれませんが、この効果を知ることでランニングを開始するきっかけの1つになるのではと思いますのでまとめてみます。

なぜ肌に効果的か?

下記の3点が上げられるようです。

・新陳代謝がよくなる
・発汗による老廃物の排出
・ストレスを発散できる

美肌になる?ランニングの意外な効果

美肌になる?ランニングの意外な効果

それでは、それぞれ深堀していきます。

新陳代謝がよくなる

新陳代謝とは古くなった細胞から新しい細胞へ作り替えられることです。

ランニングって血行がよくなるので、新しい細胞を作るのに必要な栄養素が運ばれやすくなり、新陳代謝が活発化するといわれているようです。

新陳代謝が活発化するということは、肌の細胞の生まれ変わるサイクルも早くなることに繋がり、美肌を保てるわけですね。

このサイクルが遅いと古い細胞がたまり、肌荒れ、シミ、シワの原因になるとされています。

この1点だけでも、十分に肌に対するランニングの効果を理解できるのではないでしょうか。

発汗による老廃物の排出

こちらは想像しやすいかと思いますが、ランニングするともちろん汗をかきます。

この発汗が毛穴に溜まった汚れを押し出す作用となり、老廃物が溜まらないのですね。

老廃物が溜まるとニキビや吹き出物の原因となりますから、これらの予防になるわけです。

汗をかくということは、こういったメリットもあったのですね。

確かにランニングを開始してからは、吹き出物が一度も出たことはありません。

こちらは33歳の私で実証済ともいえるかもしれません!
(執筆時点でランニング開始10ヶ月目の結果ですが)

ストレスを発散できる

ストレス発散に関しては色んな面で重要なことはなんとなくわかると思います。

肌に関して言えば、ストレス発散により自律神経が整うことや、 ランニングによる適度な疲労感で良質な睡眠がとれるそうです。

質のいい睡眠は成長ホルモンが分泌され、美肌を保つ役割を担うとも言われているのですね。

ランニングって走り終えたあとは本当に清々しい気持ちになります。

色んな考え事があった際も、ぶっとんだりしますし、吹っ切れて気持ちが新たになったりもしますよ。

気を付けたいことと対策

いくらランニングが肌にいいと言っても、気を付けないと肌へのダメージに繋がったりします。

それぞれ気を付けるポイントと対策も書いておきます。

紫外線を避ける

紫外線の影響についてはご存じの方も多いと思いますが、シワやシミの原因になりますよね。

ランニングも日が出ているうちはそのリスクが当然あるわけです。

対策としては、日焼け止めクリームを塗る・帽子をかぶる・サングラス着用になります。

可能であれば、夜に走るのが一番いいと思います。

走り込み過ぎない

長時間走ると、肌が揺れることによるシワのリスクがでてくるようです。

美肌のために走るのであれば、できるだけゆったりとしたペースでじんわり汗を書く程度がいいと言われており、20分程度が適切とも言われています。

こちらの情報は、女性ランナーとしては走り込みもしておきたいところなので少し残念に思うところもあるかもしれません。

ただ走り込むときと、肌のために適度に走るときとをうまく使い分けるといいのかもしれませんね。

肌のことは詳しくありませんが、 走り込んだあとはしっかりケアするといいかもです。

汗をかくのでしっかりとシャワーなどで洗い流すなどは必須かと思います。

継続する

こちらは何事もそうなのですが、1回や2回で改善するわけありません。

少なくとも3ヶ月とかはやってみる必要があるかと思います。

走る間隔としては、週に1、2回を走れるとよいとされているみたいです。

まとめ

いかかでしたでしょうか。

ランニングする期間も時間もハードルとしてはそんなに高くないですし、肌にもよいのであれば尚更やってみる価値がありますよね。

もちろん肌だけでなく、体系維持にも繋がりますし自分磨きにランニングを取り入れているの多いにアリだと思います。

まず一度走ってみましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*