ランニング

夜ランってどうなの

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

前回は朝ランについて書きましたので、今回は夜ランのメリット、デメリットについて書いてみます。

メリット
・夏場であれば快適に走れる
・ランニング後はゆっくり休める

デメリット
・暗くて少し怖い
・暗くて少し危ない

ですかね。
朝ラン編と同様、深掘りもして行きます。

夜ランのメリットは

夏場は朝ランより快適に走れた気がします。
朝日が昇るにつれてどんどん気温が上昇するというようなこともありませんし、割といい環境で走れます。

あと時間を気にする必要がないですね。
朝ランは、その後の予定も考えてランニング時間を調整することが必要になってきますが、夜ランはその日の締めです。

帰ったらゆっくり風呂に入って寝るだけ!
ちょっと長めに走りたいなと思えば時間掛けていいし、今日は早めに切り上げてゆっくりしたいなと思えば早く帰ればいい。
帰っても子供は寝ちゃってますから、ゆっくりできます笑

夜ランのデメリットは

夜はやっぱり暗いことによるリスクがあります。

私の場合、まあ田舎ですからところどころ暗く、なるべく街灯や店など明るめのところを走るように意識しています。

何が怖いって、自転車ですね。

車はとりあえず歩道を走れば大丈夫にしても、自転車は平気で歩道を走っている場合があります。
それも前から来るときもあれば、後ろからくることもある。

特に学生っぽい人たちはスマホに夢中になったりしているので注意が必要です。
何度か轢かれそうになりました。。。

あと、金曜や土曜の夜も注意です。まれに酔っ払いがフラフラと歩いていて、暗闇でみるとゾンビのようで怖いです笑
(結構ビビりの私の場合、ペースが乱れたりもします、、、)

まとめ

個人的に夜ランは朝ランに比べると、身体的なリスクがあるなって感じがしました。

夏場のとても暑いときとかは快適かもしれませんが、朝ランとどっちにするか選べと言われると朝ランを選ぶかなと思います。

ただ、上にも書いた通り、走り終えたあとの風呂がランニングの疲れと一日の疲れを一気にとってくれる感じで、ゆっくり休めてぐっすり眠れます。

風呂上りの一杯も最高です!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*