ランニング

ランニングとジョギングを比較してみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

日ごろのランニング。

まだまだ初心者である私は大抵、開始から終わりまで同じペースですることが多いです。

ここで疑問が、、、

「ん??これってジョギングにあたるのか?」

「そもそもランニングとジョギングの違いって何なんだ?」

と気になってきたので簡単に調べてみました。

ランニングとジョギングを比較してみる

ランニングとジョギングを比較してみる

ランニング

・大会出場などのトレーニング目的とする
・息切れするくらいの体に負荷をかける運動強度

ジョギング

・健康のためや、準備運動を目的とする
・しゃべりながら走れるくらいの運動強度

なるほどですね。

こういった視点でみると、私の場合は「しゃべりながら走れるくらい」ではないのでランニングと言えるようです。

といっても、少しペースを落とせばジョギングになるわけですし、どちらも当てはまるのかなとも感じました。

また、初心者の場合は、まだ脚が出来上がっていないため、ウォーキング→ジョギングを交互にすると効果的なようです。

そこからステップアップとして、ジョギング→ランニングになるようなイメージですかね。

他の視点でも比較してみる

一般的な違いは上記の通りですが、いくつか面白いなといわれる比較もあったのでご紹介します。

・走っていて「楽しい」と感じるならジョギング、「苦しい」と感じるならランニング
・1kmが5分以上かかればジョギング、以下ならランニング

(参考記事:NumberWeb

色んな判断基準があるんですね。

また、参考記事には
” ジョギングは、日没後、狩猟採集を終えた人々が、動物に襲われないよう家路を急ぐための走り方であり、獲物を求めて長距離を移動するための走り方でもあった。 ”
とありと、原点まで遡っていたところも面白いなと思いました。

まとめ

いかかがでしたでしょうか?

普段あまり意識していなかったのですが、色んな視点で区別がされて面白いですよね。

いってしまえばどちらも「走る」ことに変わりはないのですが、言い方で印象も違ってきますね。

ちなみにウォーキングも考え方によっては走ることの一種で、走るスピードが一番遅いところにあるという捉え方もあるようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*