シューズ

足のサイズを正しく測る方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ランニングシューズのサイズを選ぶ際に、単純にいつもの靴のサイズから選んでいませんか?
私はそうしてました。

ただ、ランニングにおいては足のサイズを正しく把握しておかないと、靴擦れや膝や腰を痛めるリスクがあるそうです。

せっかく初めたランニング、できるだけ継続していきたいものです。

思わぬ怪我であっさり辞めるとかしたくないですよね。

そこで、正しくサイズを測る方法をググって、初心者なりにまとめてみました。

足のサイズを正しく測る方法

測る箇所は足長と足囲の2点です。

どちらも初心者にとっては、少し聞きなれない単語ですね。

それぞれ見ていきます。

足長 のサイズ

普段の足のサイズと思っていいと思います。
ポイントとしては、カカトから足の指の1番長いところまで、測るのが正解とされています。

足囲 のサイズ

これは親指と小指の付け根(足の1番広い部分)を経由して足の甲から裏をぐるっと一周させた長さです。
メジャーで測ることになるので、メジャーの両端が甲の上にくるように測るのがよいとされています。

足囲は[E]で表される

足囲は一般的にE、2E、3E、4Eとあるらしく、Eを標準として数字が大きいほど幅広になるそうです。

なので、シューズを選ぶ際には1つのシューズのサイズに対して、足囲のサイズ展開で4パターンあるような感じです。

例えば、私のサイズは下記でした。
 足長:265mm
 足囲:245mm

これをランニングシューズのサイズ早見表なるもの(こんなのあるんだ!)で当てはめてみると、適したサイズが割り出せます。
私の場合、「28.5cmのE」 となります。

足長(mm)靴のサイズ(cm)足囲(mm)
E2E3E4E
265 – 27028.5261270276282

※こちらの記事から抜粋させていただきました⇒ https://recreation.pintoru.com/runshoe/size/

まとめ

足囲も測るとは知らなかったですし、もちろんEという横幅を表す表現も初めて聞きました。

でもシューズ選んでいたときにEという表記あったかなーっという感じなので、ちょっと気にして見てみようと思います。

ランニングシューズは一般的なシューズよりサイズが重要そうですし、特に横幅は日本人は広めといわれたりするので、“正しい足のサイズを知る”というのは大切なんだなと改めて感じました。

(関連記事)
 ⇒ランニングシューズと日本人の足
 ⇒知ってました?足の形の種類

自分の正しいサイズを知ったうえでシューズを選ぶと楽しそうですよね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*