ランニング

ランニング後に眠気?3つの理由と対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

私は休日には早朝からランニングをします。

凄いスッキリしますし、その日最高のスタートを切れた気分になるのでお勧めです。

ただ、一つ問題が。。。

眠くなる。

ほぼ毎回、眠気に襲われてしまうのです。

せっかくその日最高のスタートを切れても、後の時間が睡魔との戦いに。。

なんでこんなに眠いんだ?どういう対策を打てばいい?

気になってこのこと調べてみると、やはり出てきました。

結論、下記の3点があるようです。

・単純に寝不足
・ランニング後の体温低下
・低血糖

私が感じたことと絡めてまとめますので、同じような悩みを持つ方の参考になればと思います。

ランニング後に眠気?3つの理由と対策

ランニング後に眠気?3つの理由と対策

それではそれぞれ深堀していきます。

単純に寝不足

これが一番大きいのではと思います。

睡眠時間が短いことによる寝不足。

朝ランになると5時半とか6時に走るのですが、その分早く寝ていないと、自然と寝不足になるわけです。

これは個人的に凄く当てはまりました。

特に休み前だと前日夜に遅くまでブログ書いたりしているので、いつも以上に遅い時間に寝たりしちゃってました。

むしろ朝ランしない日より睡眠時間が短くなっているのですね。

対策としては、朝ランするにはそのための早起き分、早く寝るしかありません。

理想は7〜8時間寝ることみたいです。

睡眠不足は、けがのリスクも高まるので真剣に考たえたいところですね。

ランニング後の体温低下

こちらはなるほどと思いました。

人間は体温が上昇したあと、低下する過程で眠気を感じるようです。

なのでランニングで上昇した体温が低下していくことで眠くなるんだとか。

これはどうしようもないかなと思います。

風呂上りから徐々に眠くなるのと同じ感じですよね。

最近ランニング後のシャワーが寒いので風呂を貯めて入っているのですが、眠気対策にはやめた方がいい気がしてきました。。。

空腹による低血糖

こちらは勉強になりました。

低血糖(血糖値が正常範囲以下にまで下がった状態)になると、症状の1つに眠気があるようです。

その低血糖を引き起こすポイントして空腹時の運動があるわけです。

運動は糖質をエネルギーとして消費するので、空腹であれば低血糖に陥りやすいのですね。

私の場合ですと、朝ラン時は起きてすぐに走りに行っていますので、空腹状態で走っています。

眠気の襲われる原因と1つとして可能性は十分にあるなと感じました。

対策としては、ランニング前後に糖質を補給することです。

ランニング後は、自然と朝ごはんとなるので大丈夫と思いますが、問題はランニング前です。

ランニング前に糖質補給といっても、直前すぎると走るときに腹痛を引き起こしたりするのでよくないみたいです。

(関連記事) ランニング中に脇腹が痛くなる【理由と対策】

少なくとも30分前にバナナやおにぎり、エネルギー系ゼリーなどが丁度いいのだとか。

個人的には30分も空けられないので、飴玉1個とか舐めながら走ったりしています。(いいのかはわかりませんが腹痛になったことはありません!)

まとめ

いかかでしたでしょうか。

当たり前に思うところから、なるほどといったところもありました。

朝ランってホントに快適ですから、その後も元気に過ごしたいものです。

理由と対策を今一度押さえておき、睡魔との格闘をなるべく減らしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*